27日 12月 2017
 月日は早いもので今年も残すところあと5日。決勝からあっという間の1ヶ月ですね。ここでは決勝のご報告として、ダイジェスト写真をお届けいたします。
21日 11月 2017
2017年11月14日に東京・国分寺のカフェスローで第1回オーガニックコーヒー手煎り焙煎選手権大会の決勝が行われ、東京予選を勝ち抜かれた竹林利朗さんが優勝されました。準優勝は横浜予選を勝ち抜かれた逆瀬川了さんでした。尚、優勝と準優勝の得点差は、わずか1点という大接戦でした。また、エクアドル、メキシコ、タイから来日した有機コーヒー生産者が選んだ審査員特別賞を受賞された阿羅こんしんさんは77歳で、全ての予選参加者の中で最高齢でした。 エクアドルのインタグコーヒー生産者協会会長のフランクリン・ヴァカさんは「手煎り焙煎器の種類が3種類あり、焙煎方法にも違いがあってとても面白かった。コーヒーの香味もそれぞれ個性的だったが、どのコーヒーも大変美味しかった。会場では森林農法によるコーヒー栽培の動画も上映されていたり、非常に興味深い競技会だった。エクアドルでも開催できないか検討してみたい」と語っていました。
10日 11月 2017
11月14日(火)「第1回オーガニックコーヒー手煎り焙煎選手権大会」決勝の後に開催される、生産者とコーヒーを語るトークイベント!...
07日 11月 2017
10月30日(月)に、東京予選が東京・国分寺の「カフェスロー」で開催されました。東京予選も、嬉しく・楽しく・驚くことばかりでした。 まず嬉しかったことは、全員全く違った地域・背景をお持ちのメンバーで競いあえたこと。...
30日 10月 2017
 10月28日、第1回オーガニックコーヒー手煎り焙煎選手権・福岡予選が、目の前に海が見える「あしたの森と海のがっこう」=北九州市で開催されました。沖縄から参加予定だった山本さんは、台風のため飛行機が欠航して無念の欠場となりました。福岡の予選参加者は、小学5年生(10歳)~77歳までの幅広い年齢の参加者となりました。最年少の「かのんちゃん」は、猛特訓をして競技にのぞみました。もし、優勝したら「学校が休みの日だけ開店するカフェをオープンする」という約束をお母さんと交わしていたそうです。  また、養豚業を営まれている江口さんは、焙煎から抽出まで全ての器具や道具や備品をカンペキに準備されていて、主催者がお貸しするものは全くありませんでした。そして、ご家族も応援にかけつけて下さいました。
29日 10月 2017
10月14日に開催された第一回 オーガニックコーヒー 手煎り焙煎選手権 予選(横浜大会)が地元のタウンニュースに掲載されました。 -.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-...
17日 10月 2017
予選情報を更新しました。 選手参加のお申し込みは、どの予選会場の参加でもこの大会ウェブサイト左上にある「選手参加申込み」からの申込みになります。...
05日 10月 2017
第1回オーガニックコーヒー手煎り焙煎選手権大会のサイトオープンしました。どうぞよろしくお願いします!